ASMRtistが使っているバイノーラルマイクとICレコーダー

バイノーラルマイク

バイノーラルマイクを使うと立体的な音が録音できるので、ASMR動画を作成するなら用意しておきたいアイテムの1つです。既成品を購入する以外にも、バイノーラルマイクを自作することも可能です。

自作のバイノーラルマイク

自作というと敷居が高そうに感じますが、簡単なハンダ付けで作ることが出来ます。


ハンダ付けをしたことがない方は、少し練習したほうが良いかもしれません。イヤフォンスピーカーの配線を外す⇒付けるを何回かやってみると慣れてきます。

”バイノーラルマイク 自作”でググれば、他にもたくさん情報が見つかります。ASMRtistのはとむぎさんも、自作したバイノーラルマイクを使っています。

hatomugi ASMR
hatomugi ASMRさんについて 紹介 はとむぎさん(日本)のASMRチャンネルです。動画を見ていてとても臨場感のある音だなと思っ...

Roland CS-10EM

ハンダコテとか買って失敗したらどうしよう、それ以前に作るのが面倒って方にはRolandのCS-10EMがオススメです。こちらもイヤフォン型のバイノーラルマイクです。


このマイクを使って波の音を録音したものです。使用しているICレコーダーは、このページでも紹介しているZOOM Handy Recorder H5です。

3Dio Free Space

3dio
ASMR動画でよく見かけるこのマイク。3Dio社のFree Spaceシリーズは、一番安いので68000円(税別)します。ちょっと高いですね。ダミーヘッド部分がなくても、同等の3D収音性能があるそうです。日本では http://mimimic.com/ で購入できます。

ICレコーダー

手軽に音声をデジタル録音できるICレコーダーは、歌やバンドの演奏をはじめ、会議やちょっとしたアイデアの録音など幅広く使われています。

上で紹介したヘッドフォン型マイクを利用するには、プラグインパワー対応のICレコーダーが必要です。プラグインパワー対応のものは、マイクを差し込むと電気がマイク本体にも供給されます。

ここでは、実際にASMRtist達が利用しているICレコーダーを紹介していきます。すべてプラグインパワー対応です。

TASCAM DR-05

簡単な操作で高音質な録音が可能なレコーダーです。


こちらはTASCAM DR-05を使って作成されたASMR動画です。マイクが左右に離れているので、バイノーラルマイクがなくても耳かきASMR動画を作れます。イヤフォンやヘッドフォンで聞いてみてください。

ZOOM Handy Recorder H5

こちらは必要に応じて、マイクの交換もできます(別売り)。


バイノーラルマイクのとこで紹介したはとむぎさんが、自作マイク+ZOOM Handy Recorder H5で作成しているASMR動画です。

TASCAM DR-40


TASCAM DR-05のような「AB方式」とZOOM H5のような「XY方式」のステレオ録音に対応しています。


DR-40のマイクをタッピングしているASMR動画です。

まとめ

ICレコーダーは、ZOOMとTASCAM製を使っているASMRtistが国内外ともに多いです。ヘッドフォン型マイクをICレコーダーに接続することで、バイノーラル録音ができるようになります。

ASMR動画の下にある概要(説明欄)に、使用機材を書いているASMRtistも結構います。あっ、この動画の音質いいなって思ったら確認してみてください。

Return to Top ▲Return to Top ▲